MOK Structural Design Unit

FUMIKO MISAWA & STAFF BLOG三澤文子&スタッフblog

北秋津のいえ

MSD三澤文子:改修作品紹介

三澤文子前回のblog記事


昨年12月、埼玉県所沢市で、改修の仕事「北秋津のいえ」が完成いたしました。2016年の1月早々に着工いたしましたので、およそ1年かかりました。毎月2回のペースで現場に通い、今は、所沢がずいぶん近くに感じられます。

この住宅の当主、Kさんは80歳半ば。打ち合わせの時から合理的かつ明快な考え方で「耐震性を上げてほしい。合わせて冬の寒さを解消してほしい。」という強いご希望を述べられていました。また、実施設計途中に、「平屋の既存建物を2階建てにしたい。」とのご希望を頂いたことで、一気に難しい改修設計になっていきました。結局、築340年ともいわれる原形の架構だけを残し、近年改修された部分は、解体し、増築することになったのです。

11764cc468bc105dc180a0d7627bcc309d4afd85.JPG

外観は2階を増築したことで、一新しました。下屋の屋根のかたちも整え、写真,向かって右手の、東南の角の張り出しを土間空間にして、応接室としています。ご当主のお仕事柄、使用頻度が多いようです。

534133741d6e705ffa55528ecec9fce5b3be9648.JPG61289d51c980377d7497608fa86dd3ddb5aba5c0.JPG

土間の応接室は、正面玄関を入って右手です。勾配天井は柿渋紙貼りで、軒がかなり深く、奥が暗くなりがちなのでトップライトをつけています。さらに明るい雰囲気にと、ここだけは赤のベンチクッションです。

595a608a614c06e36d2cebda83894d80d470172b.JPG

玄関土間から茶の間へ。改修前は、段差が高すぎて上がりにくいものでしたが、敷台を設けステップにしているので、無理なく上がることができます。敷台は栗の板にナグリ加工をしたのちに、漆を塗っています。足の裏の感触が良く、滑り止めにもなっています。

e9da61605744794143ed703452731ee9152e6ae8.JPG

玄関左手(西)にある茶の間は、ご当主のいわば仕事部屋のようなお部屋です。一番集中して時間を過ごす部屋なのかもしれません。畳の間だったものを桧の板の間にして、テーブルも椅子も、ご当主の背丈に合わせて低いもの選んでいます。

天井は竿縁天井で、二分三厘の杉板は吉野産です。竿は少し太めにして、漆を塗りました。

724a24e5d9c6c5e4d6cdd5a605e9c41618c2f75c.JPG

座敷から茶の間を見ます。2間合わせて22帖半の広さの大広間でしたが、2部屋の境の建具の引きしろ部分を耐力壁にしたことで、完全な大広間にはなりません。ただ、これだけのつながり具合なら、問題なさそうです。

fb9457920d4a5c28e8a7156810cc7d420fb89a7d.JPG

茶の間の北側から、南を見ています。古い建具は、余すことなくほとんど使いました。これら古い建具の造りが巧妙なことには、驚かされます。写真、左手の建具は、玄関ホール側は細い格子、この部屋側からは4段の引違障子が組み込まれています。写真、向かって右手、広縁側の欄間は、柿の木でつくられていて「これは貴重だ。」と建具屋さん。ただ、耐力壁になっている部分は欄間を設けることができずに、垂れ壁になっています。

905aab9401c4b38099cb75e004c95da84a2dcb3d.JPG

広縁側には細工の見事な建具を設けています。これは北西にあるご当主の寝室にあったものですが、位置的にも人目に触れることがなかったので、この機会に表舞台にもってきています。少し晴れがましい顔をしている気がします。

9-2.jpg9-3.JPG

改修前                         改修後

広縁は、改修前は実は物置状態。何しろ寒くて、南の最高の位置なのに人が寄り付かない。

改修後はお部屋の暖かさをキープしてくれる、大切な緩衝空間として存在価値を発揮しています。

9-4.JPG

座敷の建具を開けると、広縁は光の空間。荷物置場にして殺してしまっては本当にもったいないのです。

2249d0e0c16a720f7a9e9b0a7b2d66df53c4b402.JPG

設計途中から、2階を増築することになりましたので階段が必要です。階高も比較的高くなっていて苦心しましたが、上がりやすい階段になったかとおもいます。

階段脇の右手奥には、ご当主の寝室があります。

1b6e87c706ff5e68f7ea16e61b8a99e10c2f268f.jpg

 改修前の寝室

540eec7fd15ab5a6feea2a1031b4156094885133.JPG

 改修後の寝室

この2枚の写真、改修前、改修後ともほとんど同じアングルです。障子の向こうにあった西の広縁をつぶして、帆布のカーテンのあるクローゼットにしています。

改修前の写真右手、服類が掛けられた下に埋もれて、茶の間に移動された、細工の巧みな建具がひっそり身を潜めています。

寝室は和室から板の間に。ベッドを置き、落ち着いたお部屋になりました。天井は杉板張りで、天窓と埋め込みの照明が見えます。

15.JPG

玄関土間の正面には、この家の中心になるようなホールがあります。2階とつながる吹抜けには、薪ストーブの煙突が貫いていて、薪ストーブ正面には、漆塗りの栗八角柱があります。弁柄のこの漆の色を、ご当主は大いに気にいってくれました。

このホールの向こうには、ダイニングと、キッチンが見えます。また右手奥には土間の応接室、メイントイレがつながります。

15-2.JPG

家の中心にあるこの薪ストーブのお蔭で、ホカホカの室内。断熱性能も格段に上がったことで、当初ご希望の「暖かい家」に満足頂いています。左手に見える出入口からは洗面脱衣室へ。脱衣室も暖かい空間になりました。

16-2.JPG

ホールの奥には、メイントイレがあります。小便器がある1坪のトイレが出来ました。ここも薪ストーブの温かさが行き渡る位置にあり、奥まっていながらも、応接間からも近く、メイントイレとしては、ベストポジションだと思います。

17.JPG 

増築をした2階です。増築なので、新築と同じ造りです。見上げればJパネルの野地板が見えます。壁は構造用面材の上に石膏ボードを張り珪藻土を塗って仕上げました。

2階の床はクリの板です。

18.JPG

妻面から見た外観を見ると、2階の存在がはっきりします。どうしてもスッキリしてしまい、かつての面影が亡くなってしまいましたが、みかんの木とは、相性よく馴染んだ姿に思えました。

19.JPG

最後に、南庭につくった外部トイレ。変形8角形のトイレです。腰までコンクリートで立ち上げて、その上は柱無しで全てJパネルでつくっています。小さくてかわいいトイレができました。

MSD三澤文子

| 17年03月18日

地球の会設計セミナー2016最終会

地球の会設計セミナー2016(全5回)最終回が、3月8日、大阪市福島のフクマチヤで行われました。

最終回は設計課題の発表会で、15名の受講生がプレゼンを行いました。
課題は地球の会第3回目で発表されたもので、実際ある敷地(角地)に、新築を建てる計画です。
途中、Ms(エムズ)建築設計事務所の三澤康彦氏の指導も受けながら、受講生は約2か月の間プランを練り、完成させました。

6c00157ad9510195de58233915bcc73331a30cd6.JPG

5分の発表の後、三澤文子氏・康彦氏より質疑、コメントが述べられます。
配置計画、動線、建物のプロポーション等・・・あらゆる視点から総合的に評価、指摘します。

参加者の製作したパネルと模型はフクマチヤ2階に展示し、フクマチヤの2軒隣にあるシェアオフィス『SOHO』で仕事をされている、設計者の方々にも投票して頂きました。

IMG_0655.JPG

発表が終わり、発表者の皆さんが展示を真剣に見られているところです。

IMG_0667.JPG

聴講者と展示を見た設計者の投票を集計し、結果発表を行います。

総合1位となったのは・・・

由良工務店の荒木さんです。

IMG_4165a.jpg
荒木さんには三澤文子氏からプレゼントが贈られました。(中身は開けてからのお楽しみです。)

IMG_4166.JPG

三澤文子氏が投票した新日本建設の二宮さんには『家づくりの基礎知識』(三澤康彦氏・文子氏のイラスト入りで大変読みやすい!)が、

4d2c2da37964e8e85ab60f4f2c96d07b903908fd.JPG

三澤康彦氏が投票した山弘の岩村さんには『最高の木造住宅をつくる方法/三澤康彦・三澤文子著』が贈られました。

9f6d4735d1864735d363f287ecdb4a40448f1215.JPG

発表会・修了式の後はお決まりのパーティで歓談し、最後に集合写真を撮りました。

ee03a5f5bd12a61a805dd7b904c4f82589b39c3a.JPG

皆さん、お疲れ様でした。
地球の会設計セミナー2016は最終回を迎えましたが、今後も交流を続け、刺激し合える関係となれば良いなと思います。

MSDスタッフ 前田

| 17年03月13日

今井連窓のいえ

 建物詳細調査今井連窓のいえ

改修事例報告:今井連窓のいえ

三澤文子MSD 改修作品紹介


昨年11月に完成した改修住宅「今井連窓のいえ」は、奈良県橿原市今井町の外周部に位置しています。2014年8月に詳細調査を行いましたので、調査から完成まで2年3か月かかりました。

もともと7軒長屋であった建物の2軒分を今回改修し2世帯住宅としています。

1-minami.jpg

▲改修前

f65eabf6e1a1e53697b714d78e9ae17963e69693.JPG

▲改修後

東側道路に面した2棟。手前南側が親世帯。北側が、依頼主の世帯になります。2棟連続した家並みの表情は、かつての町並みをなるべく復元するという「伝統的建造物群保存地区」の規制に沿うものです。

まず北棟(依頼主のお住まい)からご紹介します。

格子戸をあけて内部に入ると、「土間サロン」と名付けられた多用途のホールがあります。気兼ねなくお客様が入ってきて、多用途に使える空間です。古材はこげ茶色に見える材。今回補強のために追加した柱は弁柄で着色したうえ漆を塗りました。仕口もしっかり考えて決めた形です。

3_imairensou700 (2).JPG

土間サロンには小さなキッチンがあり。また4畳半の和室の天井には4分3厘の吉野杉板。船底天井になっています。この和室は力強い古材の中の柔らかい空間になります。

写真正面は漆塗りの建具。さらに向こうには漆塗りのトイレがあります。

209978bcd45a8b7bb556c70fd3707b3868696f02.JPG

ccfaed5d385abce692de18666591a4cf2d2f707f.JPG

上写真左側の収納扉の漆塗りは、私もMSDスタッフと一緒に塗った建具。なかなかの艶が出ています。また、トイレの中は漆板の壁に 柿渋紙貼りの天井としました。

トイレを上質な空間にしたい。と常々思っていたことが実現できました。

土間サロンから奥に進むと1200㎜下がったリビングダイニングに入ります

4219055b085b75a78201878020252c598de016b9.JPG
もともと道路より1段下がった位置に床レベルがあったのですが、それは今井町が環濠集落であった名残。今でいう「スキップフロア」だったのです。また、今回道路から奥(西)の建物全体のおよそ半分は、解体したうえで増築しています。

7_imairensou700.JPG
そんなことで、ダイニングテーブルの向こうには、一段上がった土間サロンが見通せます。ベンチソファーの上の窓のように見える開口部は、実は和室の地窓になっています。

8_1888.JPG
 <和室からリビングダイニングを覗く>

テーブル周りは、TV台や階段下収納、そしてベンチソファーがコンパクトに取り囲み、とても機能的。奥まったベンチソファーは、くつろげる場所になるかと思います。

9_1896.JPG

ダイニングリビングはキッチンと連続したワンルーム。写真上部には、お立ち台のように見える中2階の「勉強室」につながります。トップライトで明るく、リビングの気配を感じことができる勉強室です。

10_imairensou700.JPG

大きな空間に母屋を支える5m材の八角柱はクリ材。MOKで長年寝かしてあった乾燥材です。

リビングにつながる4畳半ほどの勉強室は、家族みんなのための部屋。当面は受験を控えた息子さんが長時間使用することになるのでしょう。
5f73fce00cc90e7c6798b98985dc0027ac9fde80.JPG
家族の気配がする場所での勉強は集中力が付くと聞きます。きっと志望校合格ですね。

さて、ご両親のお住まいもご紹介します。
やはり道路側は土間の空間。ご近所のお友達が気兼ねなく集まることが出来ます。
12_1846.JPG
土間に続く和室は、ご夫婦の寝室にもなるのですが、日中は土間と広くつながります。
ここでも、補強の新規柱はケヤキの八角柱。やはり弁柄の上に漆塗りです。また敷板はナグリの仕上げとし弁柄の上に漆塗り。材は、タモの巾はぎパネルです。

13_1843.JPG

土間から奥に進み、茶の家に入ります。奥の西側は増築で、古材は見えません。

茶の間には、デイベッドがあり、お母さまに、大好きな針仕事をして頂くスペースです。
茶の間から洗面と浴室につながり、コンパクトで住みやすい動線となりました。

14_1876.JPG
15_1967.JPG
連子窓が連なる佇まい。
新しく建てるより難しい改修の仕事ですが、この改修工事にかかわった多くの方々と共に、このような家並みを再現できたことを嬉しく思います。

MSD三澤文子

| 17年01月13日

Ms・MSD 漆工房

1_0751.JPG

Photo:Ms三澤康彦

明けましておめでとうございます 2017年新しい年の幕開けに漆工房のご報告をさせていただきます。

Ms・MSDでは頻繁に漆の塗装を行い、家具や柱、床材などに漆塗装を行っているのですが、今年より本格的な漆工房が稼働いたします。

この工房は、漆師の意見を取り入れMs・MSDが待ちに待った自前の漆工房です。(経緯や有り難い繋がりは又の機会に)

1-2-1_0753.JPG

塗装スペース:この作業台で漆を塗ります。 漆を塗る人、拭取りする人など数人で作業しやすい大きさです。素早くきれいに漆塗装が出来ます。今後の物件で、さらに美しい漆材の仕上がりをご期待ください。

1-3_0756.JPG

乾燥棚:棚に板状の材を並べ乾燥させます。漆の乾燥は湿度管理が重要です。湿度を調整しながら乾燥を見計らい漆を塗り重ねます。

蔵の床は杉材、壁は土壁と快適な環境の中で漆の塗装と乾燥を行います。

3_0762.JPG

ゲストハウス棟と庭:建物は三澤康彦氏による設計(詳細はMs日記などで更新があるかも知れません)

漆工房 年末の様子:関係者総出で蔵の掃除と準備を行いました。

4_004.jpeg

5-2_000.jpeg

6_001.jpeg

蔵内の荷物を搬出し、念入りに清掃を行いました。埃の被っていた床も木目が見えてきました。

去年、蔵の大掃除を終え漆塗装に必要な準備を行い本格的な漆塗装を行う場となりました。

この漆工房では、様々な利用方法を模索しております。

漆塗装に興味がある方が気軽に漆塗装が楽しめる。そんなご案内が出来る日が近いかも知れません。

7_0743.JPG

2017年 皆様にとって益々素晴らしい年となります様にお祈り致します

MSD新井

| 17年01月03日

漆床の家

漆床の家作品ページはこちら

なまえのとおり、まず、漆の床が目に飛び込んできます。

今、この色と艶に惚れ込んでいます。実は、予算がかなり厳しかったことから、「床は、厚さ30㎜の節のある並材の杉板にして、ワークショップで漆をぬれば、きっと素晴らしい床になりますよ。」と熱弁して提案したものなのです。

9b603fbc6bc20a5d5a483095d9db20a1371c62c0.JPG
高い天井のリビングには、いつものシンカンセン(オリジナル照明)も少しアレンジして後藤照明のペンダントと組み合わせました。
このシンカンセンも漆塗り。石牧建築の市川大工が製作。漆は監督の佐原さんが塗りました。
桁高は3365mm。右手に構造要素となるJパネルのキャットウォークがあることで、ちょうどいい感じの高さに感じられます。キャットウォークといってもしっかり大人が乗れる幅がありメンテナンス床になっています。
a06fc75d7f87952b5b39cef61f8ac0fd7d63269e.JPG
リビングの東には下屋で和室がつながり、和室右手が玄関ホールになります。
上部にはFIX窓がありますが、明り採りというよりは、東の丘の緑を見るために設けたものです。


3_0847.JPG
ダイニングキッチンも天井が高く、リビングと同じ架構の空間です。今回、杉材は天竜のフジイチさん。ほとんどが8寸の芯去り材です。正面の梁は木裏を見ているので、節が見えますが、木表はどんなにキレイか想像してみてください。垂木(構造材)も150×75の芯去り材。垂木も同じく木裏が見えています。
食器棚は大工造作家具。少し懐かしい感じのデザインです。
4_0841.JPG
ダイニングキッチンにある階段。箱階段に憧れていた住まい手に、こんな格子の棚がある階段を提案しました。 厚さ30㎜の杉パネルを使い、段板を支えるための縦方立と段板の構成で、マスコの棚ができました。
この写真に見える梁は、芯去り材の木表が見えているので、ほぼ無地。本当に素晴らしい材料でした。


1d6b2b68190d64672c9625767f7e96d4abaf0f6d.JPG
2階は桁高が1189mmと低く、屋根裏部屋のようです。こんな部屋こそ、小さなこどもには嬉しい空間になるのではないかと思います。
Jパネルの床板は、梁の上に直貼りで床剛性をとっているのでビスがしっかり打たれています。そのビス隠しに、ウォールナットの薄いカバーをつけました。格子状にデザインされた床仕上げのように見えますね。


034405ee01f5034457fe0dcac0c730c4d799990b.JPG
その2階のお部屋にある丸窓から家の中を覗きます。シンプルな架構を通して東の高窓から、緑が見えます。丘というのは、実は鎮守の森。気持ちが清々しくなるのです。


3ec21242714a071f3935366b5ff6256724e73bb6.JPG
2階から見下ろしたダイニングキッチン。漆の床にうっとりします。これが、住まい手さんや大工さんたち、みんなで漆を塗った床板かと思うと「凄いな!」と感動すらしてしまいます。
キッチンカウンターも漆。とても「予算が厳しかった」家には見えませんね。
(そんな漆の魅力にはまってしまい、とうとう2017年からは、自前の漆工房を持つようになります。)


8_0857.JPG7_0854.JPG

ダイニングキッチンの奥には水廻り空間があります。シンプルな洗面台や収納。そして浴室も漆。白のタイルに漆の色が冴えます。漆は抗菌作用もあり、浴室に積極的に使っていきたいと思っています。


9_0830.JPG
南庭から内部を見ます。今回、樋をつけなかったことで、軒先がすっきり。
冬の日射取得のためにFIXの高窓。夏の日射遮蔽のために格子網戸を設けています。
10_0835.JPG
右手の丸穴のある白い塗り壁の向こうは玄関ポーチ。床は桧のデッキ板です。
桁高を抑えたことで、本当にかわいい高さの外観になりました。主張しすぎない形に安心感を覚えます。落ち着いた周辺環境に溶け込み、「手仕事の魅力」を発信する家になりました。


MSD三澤文子

| 16年12月31日